ヘアカラーについて

 

当店では、女性がもっとも触れる機会の多い”ヘアカラー剤の安全性”の追求を行っております。

 

 

 

 ヘアカラー(2剤)の向上

 

  2017年3月より、当店で使用するすべてのヘアカラー剤(2剤)を変えました。

 

 

  ヘアカラーをしながら頭皮を元気に・・・

 

 ヘアカラーは、より人を輝かせるために必要不可欠です。しかし、一方では毛髪を生成する細胞をはじめ、黒髪の元であるメラノサイトを破壊してしまい、白髪を増やしてしまう原因になっている事は最近ではよく知られています。
そこで私たちは、今まで1剤の起爆剤としてでしか活用されなかった2剤に3つの大きな力を加えることに成功しました。

  【効能・効果】白髪の進行抑制・改善/育毛効果/抗炎症
  【成分】ワレモコウエキス…育毛効果/抗炎症作用
    ホップエキス…メラノサイトの活性化

 

 

  神戸女学院大学と共同開発された商品

 

  ワレモコウ(吾亦紅、吾木香)は、バラ科・ワレモコウ属の植物で、ヒトでのワレモコウエキス使用試験において、抜け毛や休止期毛率を減少する育毛効果が報告されています。
一方、ホップはアサ科のつる性多年草で、雑菌の繁殖を抑え、最近の研究ではホップエキスにメラノサイトの運動能力・増殖活性を促進させ、黒髪から白髪への変化を防ぐ効果が示唆されています。
今回異なる3種類の実験方法により、ワレモコウとホップの抗酸化性について調べたところ、いずれの方法においても高い抗酸化性を有していることが明らかになりました

 

 

 

● ヘアカラー後の処理(残留アルカリキャンセル)

 

 コールドパーマやヘアカラーは、髪をアルカリ性(塩基性)にすることで、ワインディングや染色を行っています。施術後の髪の表面にアルカリ成分が残留していると、髪は40度程度の低温でもタンパク質が破壊され、ダメージが進行してしまいます。また、パーマやカラーの効果も長続きしません。施術直後にリンス処理を行っても、従来の製品では、残留したアルカリ成分を容易に除去できていないのが実情です。アミノシールド プラスは、酸性アミノ酸の働きにより、パーマやカラー直後の髪の電位を、ph4.5~5.5の等電点に戻すだけでなく、アルカリ成分を完全に除去します。これにより、髪の傷みを抑えるとともに、パーマやカラーの効果の持続性が高まります。

 

お客様の髪や体質の状況に合わせた施術

  アレルギーや敏感肌、妊娠期間、薄毛対策など、お客様の気になること、些細なことでもしっかりと話し合い、最善の施術をさせて頂きます。